胸が大きい国は?日本人は胸が小さい?男性は巨乳好き?嫌い?モテるバストアップ

胸が大きい国は?


▼『国によって、バストサイズは違いますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、胸が大きい国について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

国旗


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「アジアやアフリカの女性は、アメリカ・ロシアやヨーロッパの女性と比べると、やはり胸が小さい傾向にある」

「ただこれは、アメリカやブラジルの女性の肥満率や身長が高いこととも関係しているように思う」

「言い換えれば、アジアやアフリカの女性でも、今より少し体脂肪を増やせば、バストアップしやすくなるのではないか?」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストサイズというのは、やはり国や人種によって、その「平均値」は大きく違ってきます。

アメリカや、ブラジルなどの女性は、平均でもDカップ以上となっており、アジアやアフリカは、A~Bカップの女性が最も多くなっているらしい。

(なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付より)

ブラジル



▼それは私ミムラが考えるに、人種による体の構造の違いであり、また、その国の環境や気温、食生活などによって、バストサイズは変わってくるからだと思われる。

だから、アメリカの女性や、ブラジルの女性と張り合う必要はない。

と、私は思うわけです。


私たちは日本人ですから、日本人女性の中で、それなりのバストサイズがあれば良い。

「巨乳の世界選手権」で優勝したいわけではないのですから。



▼日本人女性は、A~Cカップが最も多いため、日本においては、少しだけバストアップの知識を身につけて、努力を継続すれば、他の人よりも大きめのバストサイズにすることは難しくありません。

たとえあなたが今貧乳でも、正しいバストアップの知識を身につけて、継続して努力すれば、バストアップは簡単です。


アメリカ人に、バストサイズで勝つのは難しいですが、同じ日本人女性の中では、平均かそれより少しだけ大きいバストがあれば、それで人生は十分、苦悩することなく生きていけると、私は感じます。



▼ちょっと脱線しました。

胸が大きい国の話に戻りましょう。


胸が大きい国として、「アメリカ」や「南米の国々」が挙げられますが、ここにひとつ特徴があります。

それは、

これらの国々の女性は、体脂肪率が高い

という部分です。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼ぶっちゃければ、「アメリカ」や「南米の国々」の女性は、太っている女性が多い。

当ブログでいつも書いているように、

「バストアップには、体脂肪が必須」だと、私ミムラは思います。



▼「平均的なバストサイズが大きい国」の女性は、体脂肪率が高い。

このことは、「やはりバストアップには、体脂肪が必要なのではないか?」

という、私の仮説を裏付けるものでもあります。



▼まぁ要するに、「太っている国の女性は、胸も大きい」という、スーパーシンプルな結論になり得る。

日本人女性は、「ダイエット信仰」が非常に強いので、世界的にも痩せている女性が多い。

その結果、日本人女性は、世界の中でもワーストに胸が小さい国となっているわけです。



▼それから、「身長の高さ」も、バストサイズと関連がある。

身長が高い人種ほど、バストサイズも大きくなる傾向にあるわけです。

だからアメリカやロシアやヨーロッパの女性は、平均的なバストサイズが大きい。

アジア女性は小柄なので、平均バストサイズも小さくなるわけですね。



▼ということで本日は、胸が大きい国について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

胸が小さい国について、私なりにまとめると、


アジアとアフリカの女性は、胸が小さい

という感じですね。



▼アジアとアフリカの女性は、痩せてますからね。

やはり、体脂肪率とバストサイズには、密接な関係があるような気がします。


バストアップしたい女性は、「体脂肪率を下げないようにすること」を心がけることが重要です。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



日本・アジアの女性の胸が小さい理由


▼胸が大きい国についての考察を続けます。

そもそも、「胸を大きくする意味」

というのは、まず、

「スタイルがよく見える。自尊心が高まる」という点が上げられます。

それと「男性からの評価が高まる」という点も、女に生まれたからには重要なポイントだと思います。



▼日本人女性向けの「ファッション」は、平均的な日本人女性のプロポーションを元に作られているため、平均よりも大きすぎるバストだと、逆にシルエットが美しく「なく」なってしまうことも多い。


ですから、胸が小さい人は、それがコンプレックスになりますが、逆に胸が大きすぎる人も、それをコンプレックスに感じているわけです。



▼大切な事は、自分の体に「似合った」バストサイズを手に入れること。

大きすぎず小さすぎず、全体のバランスとして、ベストなバストサイズになるように、普段の生活習慣や、バストアップサプリメントを選択していくことが重要だと思うわけです。



▼また、男性は胸が大きい女性を大好きだと思っているかもしれませんが、私ミムラの独自アンケート調査によれば、ほとんどの男性は「巨乳」を求めていない、ということがわかります。


ただ、やはり小さすぎる胸というのもウケが悪いのは確かです。

Aカップだと、ちょっとがっかりする男性も多いです。

ベストはBカップから、Cカップあたり。



▼このくらいのバストサイズに届いていない場合は、生活習慣の改善とバストアップサプリを活用して、ワンサイズ程度のバストアップを狙っていきましょう。

巨乳になる必要はありません。



▼バストサイズは他人との争いではなく、あくまでも自分の体に合ったバストサイズを目指していくことが大切です。

Eカップにならなくてもいいわけです。

今より、ワンサイズアップを目指して、無理のないバストアップの知識を身につけていきましょう。



▼このようなポイントを勘案すると、日本人女性のバストサイズは、必要以上に大きくなければならないという事はないのです。

つまり極端な話、胸が大きすぎると、逆にスタイルが悪く見えることもありますし、胸が大きすぎると逆に、男性にモテなくなるということもあるわけです。



▼さて、国別のバストサイズの話に戻りましょう。

アメリカ人の女性は胸が大きいわけですが、それは食事もかなり関係していると思う。

平均的に見ると、やはり日本人女性よりアメリカ人女性の方が、食事もダイナミックです。



▼ファーストフードのメニューを見ても、そのサイズが全然違います。

たまに海外のハンバーガーを食べてみると、大きすぎて驚きます。

アメリカ人女性は、摂取カロリー量も、摂取する糖質も多いので、体脂肪が蓄積されやすい。

その結果、バストアップしやすい体質になっていくように思います。



▼対して、日本が誇る和食は、健康にはとても良い。

でも、バストアップという事を考えるなら、和食はやや不利かと。

和食には、脂質と糖質が少ないので、どうしても体脂肪が低くなってしまうからです。



▼このように、海外の女性と比べると、日本人女性はバストサイズという点で不利な条件が多い。

しかしながら上述したように、別に海外の女性に胸の大きさで勝つ必要はない。


日本人女性の平均バストサイズは、Bカップです。

なので、今Aカップの人は、少しだけ体脂肪を増やして生活習慣を改善してBカップを目指せば、もう平均サイズです。

巨乳になる必要はないので、昨日の自分に勝てるように、日々の生活習慣を変えていきましょう。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ