ビールとバストアップの関係~ ホップで胸が大きくなる?女性ホルモン増加効果

ビールとバストアップの関係


▼『ビールで胸が大きくなるという噂を聞いたんですが、本当ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ビールとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

ビール (2)


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ビールは意外とバストアップに効果を発揮する気がする」

「なぜなら、ビールのホップには女性ホルモン様物質が含まれているから」

「それと、ビールの食欲増進作用で、体脂肪率をナチュラルに上げることができると思うから」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼私の周りにも、ビールが好きな女性はたくさんいますが、豊胸の人もいれば貧乳の人もいる。

各種文献をひもといても、「ビールとバストサイズの相関関係」が明記された書籍はありません。


でも、ビールはうまく活用すれば、バストアップにつながっていくのではないか?と私は考えています。

その理由は…。



▼ビールを飲むことで、バストアップに必要だと、私が考える「2つの要素」が強化されると思うからです。


1 体脂肪率

2 女性ホルモンのエストロゲン



ビールは、この2つを増加させやすいと思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼ビールを作るときには、「ホップ」という多年草の毬花の部分を、原料として入れます。

このホップには、女性ホルモンと似た働きをする「フィストロゲン」という成分が含まれており、ホップが入っているビールは、自然と女性ホルモンが増えたのと同じ効果を発揮する可能性があると思うわけです。



▼ちなみに、ビールの「フィストロゲン」は、女性ホルモン様物質なので、

抜け毛や白髪の改善

にも役立つ模様です。



▼また、ビールを飲む時には、ほとんどの人が「おつまみ」を食べると思います。

この時に、唐揚げや揚げ物などで、脂質とタンパク質を多めに摂取することになるため、胸を大きくするために必要な「体脂肪」がナチュラルに増加することになります。


これはダイエットをしている人には嫌な事かもしれませんが、胸を大きくしたい人にとっては、むしろプラスと言えるハズ。



▼ちなみに、私ミムラもお酒を飲みます。

私の場合は、「おつまみに、バストアップに役立つ食べ物を入れる」ようにしています。


例えば、お豆腐だったり、鶏の唐揚げだったり、キャベツだったり。

このような、バストアップに効果を発揮する食材を、「ビールのおつまみ」にすれば、ビールのフィストロゲンとの相乗効果によって、晩酌しているだけで、バストアップの努力をしているのと同じ効果があると思うわけです。



▼それから、お酒を飲むと「血行が良くなる

血行が良い人と悪い人。どちらがバストアップしやすいかは明白です。

「酒は百薬の長」というように、適量のビールも血行を改善して、美容と健康とバストアップに良い影響を与えると思うわけです。



▼尚、ビール以外のお酒でも、血行は良くなりますが、私の経験で言えば、

ワインは、バストアップにあまり良くないかもしれない

と考えています。


ワインの場合、「体脂肪率が下がる気がする」わけです。

同じアルコール量を摂取しても、ビールよりワインの方が「痩せる」

その結果として、ワインはバストダウンしやすいのではないか?と、私は感じるわけです。


なので、バストアップのためには、ワインよりビールの方がお勧めです。
(あくまで私ミムラの自説です)



▼さて、ビールがバストアップに意外と効果があるかもしれないとは言え、何事もやりすぎは良くありません。

私の周りの女性で、「ビールが好きなのに貧乳な女性の特徴」として、


×「ビールを飲みすぎてお腹がいっぱいになってしまい、食事量が少なすぎる女性は貧乳」

このような傾向があるように思います。



▼いくらビールのホップが女性ホルモンと同じ作用をするとは言え、ビールばかり飲んで、肝心の食事がおろそかになってしまえば、バストアップどころか、バストダウンにつながってしまいます。

ビールと食事のバランスを、常に考えるようにしてください。


だから、おつまみだけで夕食を終えるのはダメ。

炭水化物を、最後のシメに必ず食べた方が、バストアップしやすいです。
(体験談)



▼あと、「ビールは便秘解消効果がある

慢性的な便秘は、全身の血行不良を招き、バストへの栄養供給を妨げます。


その点で、適量のビールを飲めば、便秘を解消できる。

スムーズなお通じは、血の巡りを良くして、バストまでしっかり栄養を届けてくれることになると思います。



▼また、「ビールでストレス解消」という作用もあります。

仕事のストレスは、晩酌のビールでストレス解消。


ストレスは、自律神経のバランスを乱してしまうので、放置すると女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

そこで、ビールでストレス解消することで、女性ホルモンの減少を食い止める。

この点からも、ビールに間接的なバストアップ効果があると考えることもできるのかなと。



▼ということで本日は、ビールとバストアップの関係について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ビールは意外とバストアップに効果的な飲み物であるように思う」

「理由は、女性ホルモン様物質:フィストロゲンが、バストアップにプラスに作用するから」

「便秘解消するから」

「ストレス解消するから」

「体脂肪率を維持できるため」



はい。
このようなビールの作用を考えると、意外とビールはバストアップに効果があると、私は考えます。



▼ちなみに、私も毎日ビールを飲みます。
(350ml 2本)

単純にビールが好きというのもありますが、適量のお酒は、美容と健康にプラスの効果があると思うから、飲んでいるという面もあります。


ビールで楽しくバストアップできれば理想的ですね。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



どのビールがバストアップに効果的か?


▼ビールとバストアップの関係についての考察を続けます。

上述した通り、ビールのホップには女性ホルモン様物質が含まれている。

なので、できれば「麦芽100%」のビールが良いのではないか、と私は考えます。



▼麦芽100%のビールはあまり多くないんですが、私が飲んでるビールは「一番搾り」

あとは、エビスやプレミアムモルツなども麦芽100%です。

この辺のビールは、お値段が高いんですが、成分的には本物のビールと言えるので、フィストロゲンの摂取量も多くなるのではないか、と思うわけです。



▼ちなみに私のビールの飲み方は、まず「一番搾り」

次に、「クリアアサヒ」

次に、「白ワイン」

このような流れで飲むことが多いです。

一番搾りを2本飲む方が、ホップの摂取量は増えるのかもしれませんが、飽きるので、クリアアサヒに切り替えます。



▼おつまみは、できるだけ大豆製品や、脂質の多いものを選びます。

枝豆・お豆腐・納豆などの大豆製品。

あとは、鶏の唐揚げとか、脂っこいものを選択します。



▼このようなお酒のラインナップにすることで、女性ホルモンのエストロゲンと、体脂肪をナチュラルに増やす。

お酒が嫌いな人は無理だと思いますが、お酒好きの人は、「バストアップにつながるようなお酒の飲み方」をしていくと、楽しくバストアップ活動が進められると思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ