ピンク色を見るとバストアップする?胸が大きくなる色。寒色系か暖色系か。心理効果

ピンク色を見るとバストアップするのか?


▼人間は目から入ってくる「色」によって、心理的な影響を受けます。

例えば、「赤」を見ると元気になり、「緑」を見ると気分が落ち着くといった感じです。

ではバストアップに効果的な色は何色なのか?

色



▼有名どころでは、バストアップに効果的な色は「ピンク」です。

ピンク色を見ると、女性ホルモンの分泌量が増加し、バストアップに効果があるというのは有名な話です。

子供の頃から、ピンクというのは「女の子の色」であり、親が子供にピンク色の可愛い服を着せたがるのは、女の子らしい子に育ってほしいからなのでしょう。



▼ただ、若い時はいいけど、歳とともにピンクは身につけなくなっていきますよね。

「年甲斐もなく」などと言われているんじゃないだろうかと心配になってしまいますね。

でも、色が心理状態に及ぼす影響というのはなかなかに強いものなので、バストアップに限らず、女性としていつまでも若々しくいるためには、積極的にピンク色のものを身につけたり、部屋に置いたりするのも良いかと思います。



▼ピンクの他に、私がバストアップに効果があると思うのは、「寒色系の色」です。

これは自分自身の体験談に基づくもので、本などには書いていないのですが、寒色系の色は自律神経を「副交感神経優位」の状態に導いてくれます。

逆に、暖色系の色は、「交感神経優位」になります。



▼どういうことかというと、赤やオレンジなどの暖色系の色をいつも見ていると、自分が元気になって活動モードになるというわけです。

逆に、寒色系の色をいつも見ていると、気分が落ち着いてきて、ゆったりとした気持ちになっていくと言うわけです。



▼バストアップを考える上において、交感神経優位と副交感神経優位は、どちらが良いのか?

これは「副交感神経優位」の方が良いです。

副交感神経が優勢になると、自分がゆったりとして、精神状態はより女性らしくなっていきます。



▼逆に、交感神経が優位になると、自分はハイテンション。活力に満ち溢れる感じになりますが、このような精神状態は「男性的」であると言うわけです。


バストアップは当然、女性的であることが重要です。

交感神経が優位になって、男性ホルモンが増加してしまうと、逆にバストダウンすることにもなりかねないわけです。



▼「色」の話に戻りますが、バストアップと言う部分から見た場合、いつも目にする色は、「気持ちが女性的になる色」の方が良いわけです。

赤とピンクは似たような感じですが、やっぱり赤とピンクでは全然違います。赤は攻撃的な気分になるし、ピンクは穏やかな気分になります。


ですから、バストアップを目指すなら、赤ではなく、ピンクや緑の方が良いということになるわけですね。

バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ