大胸筋の筋トレは胸が小さい原因?胸の筋肉を鍛えるとバストアップする?効果なし

大胸筋の筋トレは胸が小さい原因?


▼「大胸筋の筋トレをしているのに胸が小さいままです…」

というご相談をいただいたので、本日は、大胸筋とバストアップの関係について書いてみます。

体操



▼バストアップ関連の文献を読むと、「大胸筋を鍛えるとバストアップにつながる!」

などと書かれたものがあります。


確かに、大胸筋はバストの土台となる筋肉であり、この筋肉が衰えてしまうと、バストを支えることができず、「胸が垂れる」ことになってしまいます。



▼ですから、大胸筋の筋トレは、「胸が垂れないようにする」という面では非常に効果的です。

しかし、「胸を大きくする」という面では、大胸筋の筋トレはあまり意味がありません。



▼なぜかというと、バストというのは筋肉ではないからです。

バストは脂肪です。

なので、どんなに大胸筋の筋トレをしても、バストアップはしないということになります。



▼ただ、今まで胸が垂れ気味だった人が、大胸筋の筋トレをすることによって、バストを引き上げることができたなら、結果的にバストアップしたように見えることがあります。


しかしそれは、バストアップしたのではなく、バストの形が良くなったということです。



▼ですから私は、バストアップに大胸筋の筋トレはあまり推奨していません。

胸を大きくするためには、大胸筋ではなく、女性ホルモンと体脂肪が重要だからです。



▼また、大胸筋の筋トレに限らずですが、筋トレをすると「男性ホルモンのアンドロゲン」が増加してしまいます。

男性ホルモンが増えてしまうと、バストアップに重要な「乳腺の発達」を妨げることがあります。


ですから、筋トレをやりすぎると胸が小さくなる可能性があるということです。

私も一度、それで失敗しています。



▼あくまでも、大胸筋の筋トレは、「垂れ乳の防止」です。

胸を大きくするのは、「女性ホルモンと体脂肪」です。


まずは、ここの部分を明確にしておく必要があります。



▼私がいつも、「バストアップにはサプリと、バランスの良い食事、そして睡眠」

と書いているのは、バストアップに重要な要素が、女性ホルモンのエストロゲンと体脂肪だと考えているからです。



▼バストアップにはいろいろな方法があり、人それぞれ効果が出るやり方が違うのですが、本質を考えると、バストアップに成功した人はみんな、エストロゲンを増やすようなやり方をしているし、体脂肪を減らしすぎないようにしているわけです。



▼筋トレをしたからといって、すぐに胸が小さくなってしまうわけではありませんが、「ほどほどに筋トレ」という意識を持っていた方が良いでしょう。


何事もやり過ぎはマイナスとなります。

過ぎたるは及ばざるが如し。

筋トレも、やりすぎるとバストダウンにつながってしまうわけですね。

バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ