冷え性改善とバストアップ~冷え性は胸が小さい?低体温と胸の大きさの関係。寝不足

冷え性改善とバストアップ


▼胸が小さい女性の特徴は、「女性ホルモンが少ない」事と「食べる量が少ない」

この2つのケースが多いです。


そして、このほかに「冷え性」というのもまた、胸が小さい女性の特徴でもあります。

血行悪い



▼冷え性や低体温は、美容と健康にはマイナスの要素です。

体が冷えているということは、免疫力がダウンし、新陳代謝もダウンするからです。


バストアップも例外ではなく、体が冷えていると、血行が悪くなったり、代謝が悪くなったりすることによって、バストへの栄養供給がスムーズに行かなくなるわけです。



▼また、痩せ型の女性ほど、冷え性になりやすかったりします。

痩せ型の女性は、体から発する熱量が少ないため、どうしても寒がりになってしまうわけです。


そして、痩せ型というのは、バストアップにはマイナスです。

痩せ型と冷え性のダブルパンチで、さらに胸が小さくなってしまうわけですね。



▼では、冷え性を改善するにはどうすればいいのか?


「睡眠時間を長くする」

「体脂肪率を上げる」

「体が冷える飲食を避ける」



▼このくらいの基本的なことを守るだけでも、かなり冷え性は改善されていきます。


まず、寝不足になると、体が冷えやすくなります。

これはあまり知られていないようですが、睡眠時間が足りていないと体が冷えてしまいます。



▼なぜかというと、寝不足になると自律神経が「交感神経優位」の状態になるからです。

交感神経優位の状態になると、体は「活動」のために働きます。「回復」のためには、働かないわけです。


このあたりの仕組みは、ちょっとややこしいかもしれませんが、要するに寝不足になると、血流が悪くなって体が冷えるわけです。



▼私も、睡眠時間が短くなると、朝起きた時に「寒い!」という感覚が非常に強くなります。

逆に、たっぷりと眠った朝は、体がぽかぽかします。


この辺は自律神経の働きであり、バストアップのためには自律神経は、交感神経優位ではなく、「副交感神経優位」の状態にしなければならないわけです。


つまり、バストアップのためには「たくさん眠るほうが良い」ということになります。



▼睡眠時間は、冷え性に影響を及ぼすだけでなく、「女性ホルモンの分泌量」にも影響を及ぼします。

つまり、「寝不足だと女性ホルモンが減少する」と言うことです。


これも上述した通り、交感神経優位になるからです。



▼私が、当ブログでいつも「バストアップのためには、睡眠時間が超重要」と書いているのは、このような理由からです。


とにかく寝不足になると、寒気がする。血流が悪くなる。

美容と健康に、ものすごく悪いわけです。



▼あるいは、寝不足によって血流が悪くなるため、体が硬くなったり、筋肉が硬くなったりします。

このような血行不良の状態は、非常にバストアップに悪い影響を与えてしまうわけですね。


ということで、バストアップさせるためには、冷え性は避けなければなりません。

そのためにも、まずは睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ